いつまでも一緒だよ

バーニーズマウンテンドッグを飼って9年目に起こった事。泣いてばかりいます。

荼毘へ  2

息子夫婦を送ってから
まだ、時間があったので
主人と食事をしました
 
ジョディが初めて家に来た時の話になりました
 
どうしても、バーニーを飼いたくて
一週間、お願いしたよね
 
「そうそう、根負けしたよ」
 
でも、俺は絶対に面倒みないよって
言ってたくせに
3か月もゲージで一緒に寝てたじゃん
 
「いやぁ、夜に帰ってくると
 みんなは寝てるのに
ピー、ピーって鳴くからさ」
 
初めて来た時に
抱っこして、よし、よしってあやしたでしょ
その背中を見てさ、子どもほしいのかなぁって思ったよ
 
「うーん・・ジョディが来る前の年に流産したでしょ?
 流産した子の代わりにジョディが来たって
 ずっと思ってたよ。うちの長女だって
 誰にも言わなかったけど」
 
そうなんだ
そうなんだ
 
何も言えませんでした
 
ジョディが死んだときに、泣いてたよね
自分の父親が死んだときも泣かなかったのに
 
「泣いたよ。
 あんたが泣きながら電話しに行ったじゃん?
 その時に、ジョディにさ、俺さ。人工呼吸してみたんだ」
 
え?
 
「俺は素人だから、分からないって思ったけど
あんなに、暖かいからさ・・。
 口をつけて、フー、フーって息を吹き込んで
 心臓ってこのあたりかなって思って、ギュー、ギューって押してさ
 また、口をつけて、フー、フーってやったんだけど
 いつもキスしているジョディの口じゃなくて
 冷たかったんだ。だから、もうダメなんだって思ったら
 涙が流れてきてさ」
 
そうなんだ
分からなかったよ
 
 
それから、ジョディの骨を拾いました
 
小さくなって
 
白く、小さい骨を見て
この言葉って本当なんだと思いました
 
家に帰って、安置しました
 
朝、目が覚めると
思います
 
時間が余る
なんでかなぁ
 
散歩がないからだ
 
ジョディ・・
散歩行こうよ
つぶやいてみると涙があふれました
 
主人が目を覚ますと
「広い部屋だな」と言いました
 
仕事に行ってからは、誰にも話しませんでした
ジョディが・・と口にすると
涙がでます
 
何も考えないようにしました
 
でも、夕方になると胸が苦しくなります
いつもは、誰よりも早く帰っていたのに
ジョディのために
 
今日は残業しようかな・・・。
早く帰っても仕方がないし
周囲の目は、おや?と言った感じでした
 
仕事が終わって車に乗ると
涙があふれました
「ジョディ、ジョディ」
名前を呼んで泣きながら帰りました
 
 
この部屋、ジョディがいない部屋に
いつかは慣れるのだろうか
 
散歩の時間に泣かなくなるように
なるんだろうか
 
 
 
帰ってみると
ゴロ子父、母さんと
メロンさんからお花が届いていました


ゴロ子、父さんには、流動食を教えて頂いたり
セカンドオピニオンの手配までして頂きましたが
受診できずに終えました
 
ジョディが亡くなってから
お礼の電話でゴロ子父さんが
「ああすれば良かった、こうすれば良かったと思うと思います
 うちもそうでしたから。でも、その時、その時で良いと思ったことを
 判断していたわけですから、どうぞ自分を責めないでください」
と優しく言って頂きました
 
迷惑をおかけしてばかりです
 
メロンさんは、
「うちの犬はジョディちゃんの家に行った方が
 ずっと幸せなんじゃないかって思うほどです
 本当に、そう思っています」
と言ってくれました
 
ありがとうございます
 
そして、たくさんのコメントを頂きました
 
一つ、一つに返事を書きたいと思っていますが
もう少し、時間が必要かと思います
すいません
こんな稚拙な文章を読んで頂き
応援してもらって・・・
申し訳なく思っています


ありがとうございます
本当に、ありがとうございます
 




ジョディ、代わりにお礼を言ったよ
 
ジョディ
 




いつまでも・・・
 
いつまでも・・・

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。